【サムイ島】ナンユアン島行きダイビング・シュノーケリングツアーに参加

 

「折角サムイ島に行くなら、綺麗な海でダイビングしてみたい!」ということで、丘からの景色が綺麗なナンユアン島行きのダイビング・シュノーケリングツアーに参加してきました。

ツアーの流れやナンユアン島の様子をご紹介します。

 

☟バンコクエアウェイズ バンコク-コ・サムイ 搭乗レビューはこちら

 

☟サムイ空港-ホテル間の移動手段はこちら

 

サムイ島発 ダイビング・シュノーケリングツアー

 

サムイ島発のダイビングツアーはタオ島行きが多いように感じましたが、地球の歩き方に載っていたナンユアン島の景色がとっても綺麗だったので、ナンユアン島行きのツアーを探すことに。

 

店決め

 

一応命に関わるアクティビティなので、ダイビングの説明は日本語でやってもらいたいと思い、日系の旅行代理店を検索。

サムイ島発×ナンユアン島行き×体験ダイビング で良さそうだったのは、ほうぼう屋さんのツアーでした。

ダイビングの経験は、2年前に体験で一度潜ったきりだったので、今回も体験ダイビングを選択。

 

コース:

大型高速船利用ナンユアン島体験ダイビング

体験ダイビング1本 + シュノーケリング 4600baht

 

ウェブから申し込むと、30分程で詳細確認メールが届きました。

早い!

生年月日とパスポート番号と部屋番号を確認され、返信するとまたすぐメールが届く!

早い!

仕事が早い人は好きです(笑)

 

私達のホテルはメナムビーチ沿いで隣がすぐ船着場だったので、送迎は無しに。

歩いて10分弱とのこと。

 

☟サムイ島 サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビューはこちら

 

集合

 

船着場に7:20集合。

私達はホテルの隣が船着場だったので、この時間の集合でしたが、空港近くに泊まっている方は送迎の為に、もっと早い時間を設定されてそうです。

 

う~ん、天気が微妙。

サムイ島は10月から雨季のようですが、9月下旬はもう厳しそうですね。

 

 

集合場所に到着すると、ほうぼう屋さんのスタッフの方が声をかけてくれました。

書類記載・料金支払・バンドを腕につける 等の受付を済ますと、飲み物、食べ物は自由にとっていいとのこと。

朝食食べてなかったので、助かりました。

 

オレンジジュースの隣の飲み物、着色料すごそうですね、、。

 

 

クロワッサンやスイカ。

 

 

搭乗

 

船の出発は8:00と聞いていましたが、7:45には搭乗。

 

 

船内はこんな感じ。

とっても寒かったです。

日本人女性であれば、半袖半ズボン・ビーサンだけ、というのはアウトだと思います。

カーディガン2枚と大きなバスタタオル1枚持っていきましたが、カーディガンは2枚とも着ましたし、膝下が寒かったので、バスタオルを腰から巻いていました。

 

 

到着

 

眠っているとあっという間に到着。

 

 

KOH NANGYUAN

 

 

AM ダイビング

 

スタッフから、水中の圧力や水中でのハンドシグナル、ダイビング中の注意点について説明を受けます。

ウェットスーツを着て、10kg?くらいあるボンベ?を背負って。

水中で耳抜きやゴーグルの水抜き、レギュレーターというマウスの使い方の練習をしました。

ゴーグルの水抜きに苦戦、、。

コンタクトがぁぁぁ、ってなりました(笑)

 

なんとか無事練習を終えて、実際に潜ってきました~!

たくさんのお魚とサンゴ礁とウニが間近に。

お魚可愛い~。

 

gopro持ってるのに、防水のカバー持ってないので、撮影は出来なかったです。

残念。

 

実は、ダイビング中「ここで間違えて鼻で息してしまったら、、」とか、「マウスが取れちゃったら、、」とか恐怖心を感じながら潜っていました。

無事潜り終わり、終了。

「マウスが取れないようにしなきゃ」と思い、マウスピースをがっつり噛んでいたようで、マウスを外したら噛み合わせがずれました(笑)

(ごはんを食べ終わる頃には戻ってました。)

 

昼ご飯

 

島のレストランのビュッフェです。

 

 

炒めた野菜にしようかな。

 

 

マフィンもありました。

 

 

わたしのお昼ご飯。

 

 

PM シュノーケリング

 

午後はシュノーケリングを渡され自由に行動。

シュノーケリングしながら、久しぶりにがっつり泳ぎました。

海の中気持ちいい~。

 

 

シュノーケリングとただの水泳を楽しんでいたら、思いの外時間が経ってしまいました、、。

丘からの景色が見たい!と行ってナンユアン島に来たのに、登る時間はもう無し。

今日は曇ってるし、登ったとしても綺麗な景色は見れないはず、と開き直り。

またここに来る理由が出来ました!

 

 

天気がいい時にまた来るぞっ!

 

 

帰路

 

15:00の船に乗って帰ります。

 

 

少し濡れた体にエアコンの効いた船内は辛かったです、、。

十分な防寒対策を!

 

 

またいつかサムイ島に来る際は、日数に余裕を持ってダイビングの資格を取りたいです。

恐怖心克服できるかな。

goproの防水ケースを持って、ナンユアン島の景色も見るのを忘れずに。

 

以上、少しでもサムイ島旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、サムイ島にTime to go!

 

【サムイ島】島内観光ツアー参加で観光スポット制覇

 

先日、タイのリゾート地 サムイ島に行ってまいりました~!

「折角行くならサムイ島観光もしたい!」でも「何ヵ所も自転車やGrabを乗り継いで行くのは面倒」と思い、1日目にサムイ島内観光ツアーに参加することに。

2日目はダイビングツアーに参加しました。

 

☟バンコクエアウェイズ バンコク-コ・サムイ 搭乗レビューはこちら

 

☟サムイ島発ナンユアン島行きダイビング・シュノーケリングツアーに参加はこちら

Time to go
Time to go
https://ttg-journey.com/2019/09/29/samui-nangyuan-diving/
Just another WordPress site

 

サムイ島内ツアーの様子と観光スポットをご紹介します。

 

サムイ島内観光ツアー

 

ナンユアン島行きダイビングツアーの時にも申し込んだ、ほうぼう屋さんの島内ツアーに申し込みました。

 

コース

5時間(ランチなし)1200baht

 

こちらもすぐに返信してくれました。

私達のホテルには9:40~9:45集合ということだったので、それまでホテルを満喫!

 

ちなみにお昼が出ないので、私はおにぎりとバナナを持って行って移動中に食べていました(笑)

屋台でなにか買う時間はありますが、がっつり座って食べる時間は無かったです。

 

☟サムイ島 サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビューはこちら

 

9:40になると、現地の方が車で迎えに来てくれました。

今回はオーストラリア人夫婦と私達の2組だけのよう。

 

サムイ島 観光スポット

 

行き先は特に伝えられず目的地へ走り出します。

ホームページに載っているタイムスケジュールとは順番が違うけど、最初は象トレッキング!

 

象トレッキング

 

場所:

 

FUNNY DAY SAFARIに入場。

 

 

受付のようなところで名前を書いて支払い。

 

 

象トレッキングは写真禁止 or 有料だったので写真はありませんが、気性の荒い象に当たったようで、終始ジェットコースターのようで楽しかったです(笑)

 

象のショー

 

ここからは団体客と同じように誘導されました。

象の親子が体を洗うみたい。

 

 

そして、そのお手伝いを楽しめと。

ホースでお水ブシャーっ。

小象が可愛いなあ!

 

 

また違う場所に移動。

 

象が近くまで来てくれました!

可愛い~!

なでなでしましたが、皮膚がすっごく硬いんです。

なでなで伝わったかな?

 

 

今度はスタンディングフラフープ!

芸をさせて申し訳ない気持ちと、すごいよこんなこと出来るんだね!という気持ちでなんだか複雑です(笑)

 

 

猿のショー

 

お猿さんもショーを見せてくれました。

後ろに吊り下がってるココナッツを手で下に落としたり、何重にも結ばれた紐をほどいたり、賢かったです。

ココナッツ落とすのも、仕事だと分かっているようで、だるそうにクールにやっていました(笑)

 

 

最後は「チップくださいな」って。

 

 

この後、団体客はこちらでご飯だったようで、ビュッフェが用意されていました。

スタッフが適当なので、「はい、みんなこっち~」という感じで私達も誘導されましたが、スタッフのひとりが気づき、ツアーの車の場所まで連れて行ってくれました。

オーストラリア人夫婦はなんか食べてたみたい(笑)

何も持ってきてなかったみたいだし、そりゃお腹すくよなあ。

 

 

ワット・プラーイ・レーム(Wat Plai Laem)

 

場所:

 

ビッグ・ブッダ寺院の近くに位置する寺院で、池に浮かぶように建物が並んでいます。

本堂

 

 

本堂は、屋根や柱の装飾が素敵。

 

 

煌びやか~!

 

 

入口のドアの彫刻と装飾も素敵!

しっかり細かいところまで色が塗られてます。

 

 

本堂の中はとっても鮮やか。

 

 

キリストの一生みたいに仏陀の一生も描かれてる?

 

 

キンピカです。

 

 

千手観音

 

タイで千手観音は珍しいらしい。

 

 

えびす様?

 

えびす様?もいます。

 

 

えびす様の下に座っているこちらの方、クールでカッコいい。

 

 

サイドには阿修羅?

 

 

ガネーシャ可愛い!

 

 

橋の装飾にもこだわっていそう。

 

 

屋根の上にいる龍。

カラフル~!

 

 

建物

 

駐車場近くにある建物です。

この建物が一番タイらしい、、(笑)

 

 

 

ビッグ・ブッダ(Big Buddha)

 

場所:

 

黄金の仏像。

 

 

ワット・プラヤイ(Wat Phra Yai)寺院のなかにあります。

 

靴を脱いであがります。

太陽で床が熱い!

 

 

これはビッグ。

塗り直したんでしょうか、全く剥げていません。

 

 

光沢のあるタイルで敷き詰められていて龍カッコいい!

 

 

イッヌ!

すやすや気持ちよさそう~。

 

 

でもそこ、ものすごい道路のど真ん中だよっ。

タイにもわんこは多かったですが、サムイ島には道路で寝そべるわんこが多く、轢かれるんじゃないかひやひやしました。

 

 

ビッグ・ブッダの入り口の池の中に謎のモニュメントがあるんですが、そこに亀さんもおりました。

それにしても水の色がおかしい。

 

 

チャウエン ビューポイント(Chaweng View Point)

 

場所:

 

チャウェーンともいうみたい。

島の東部にあり、島内最大のビーチ、チャウェーンビーチ。

私達のホテルはメナムビーチ沿いですが、チャウェーンビーチは島内で一番物価が高いらしいです。

 

 

ヒンター・ヒンヤーイ(Hinta Hinyaai)

 

場所:

 

地球の歩き方に載っているので、ツアーに含めてくれてるのかもしれませんが、正直これを観光スポットと呼んでいいのか?という感じ。

 

 

これがあれで。

 

 

これがそれ。

そう、そういうことなんです。

聞かないでください(笑)

 

 

蟹がいましたよ!

 

 

周辺にはココナッツアイス屋さんがたくさんあり、試食させてくれます。

美味しかったですが、たくさんは食べれないのでお礼だけ言ってさよならしました。

 

サンダルも可愛い!

 

 

こんな小物入れも。

可愛いよ~。

でも絶対お家で使わないよ~。

 

 

日本でいう風鈴のようなものを発見。

これまたカラフルで可愛い。

 

 

関羽像(Guan Yu)

 

場所:

 

スケジュールには無かったのですが、ドライバーさんが「ここも寄っておくよ~」ということで、降りたらなんとデッカな関羽像。

三国志でよく出てくる関羽ですね。

そんなに詳しくないですが、武力が高く統治能力にも秀でていて文武両道な武将。

 

 

関羽像の両側には階段があり、上がっていくと門に言葉が書いてありました。

勇敢と孝順。

 

 

反対側には、忠実と道徳。

どういう意味でこれが書いてあるんだろう、、。

 

 

門を抜けるとお寺のような場所が。

とってもカラフル。

 

 

お寺のドアにも関羽?

黄金の鎧と靴に装飾、カッコいい!

 

 

ワット・クナーラーム(Wat Kunaram)

 

場所:

 

サングラスをかけた僧のミイラ。

このお寺の住職だったダン(Dang)僧は、50歳で出家し20年間瞑想にいそしんだそう。

自身の予言通り1973年に逝去。

 

 

お寺に描かれてる絵、宇宙みたいですね。

 

 

 

ナー・ムアンの滝(Na Muang Waterfall)

 

場所:

 

サムイ島はビーチだけじゃないんですね。

 

 

駐車場から100mくらい歩きます。

 

 

見えてきました~!

 

 

全長40mあるんだそう。

暑いサムイ島も、滝の近くは涼しかったです。

 

 

滝の下が池みたいになっていて、地元の子供や観光客が水着になって遊んでいました。

 

木なのか根っこなのか分かりませんが、すごい伸びてます。

 

 

お土産屋さんも結構並んでました。

 

 

8ヵ所回り、ツアーは終了!

ホテルに戻ったのは15時頃でした。

 

以上、少しでもサムイ島旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、サムイ島にTime to go!

 

【サムイ島】メナムビーチ周辺の絶品おすすめレストラン

 

サムイ島 メナムビーチ沿いでいい感じのレストランを探してきました!

料理が絶品だったおすすめレストランと、入るか悩んだレストラン、合わせてご紹介します。

 

メナムビーチ周辺レストラン

 

メナムビーチ沿いには落ち着いたレストランがたくさんあります。

先に、結局は入らなかったですが、いい感じ~と思ったレストラン。

 

いい感じのレストラン

 

Thai house restaurant

 

 

私達の泊まったホテルの近くにありました。

 

☟サムイ島 サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビューはこちら

 

綺麗でお洒落な感じ。

ホテルのレストランのようです。

 

 

BUNRAWEE

 

 

地元のタイ料理が食べれそうな感じでした。

Googlemapではなぜか出てこず、、。

 

East West Samui

 

 

綺麗でお洒落な店内でした。

 

 

poom’s thai cuisine(Poom’s Place)

 

 

TripAdvisorのロゴもついていたので、人気店なのかも。

 

 

場所はここ。

 

 

PERM POON

 

 

場所はファミマの近くです。

 

 

営業時間は11:00~23:00。

 

 

VEGETARIAN FOOD 70baht~と、リゾート地にしては良心的。

 

 

Pad Thaiも70baht~。

 

 

絶品おすすめレストラン

 

DA BAR DO

 

 

ごめんなさい、タイ料理じゃないです。

イタリアンです。

場所はこちらもファミマの近く。

 

 

イタリア人シェフが陽気に出迎えてくれました。

ピザは260baht~とちょっとお高め。

 

 

飲み物は50baht~。

 

 

店内はイタリアらしい鮮やかな色。

可愛い~。

 

 

マルゲリータ260baht。

結構大きいです!

 

 

もうやばかったです。

美味しすぎました。

日本で食べるピザより断然美味しい!

生地から違うし、チーズもなんか違うし、とっろとろで美味しいし、、。

イタリアの本場のピザを食べさせていただきました!

 

 

美味しすぎたのでもう一枚。

シーフード400bahtくらいだった気がします。

 

 

魚介がごろごろのってます。

魚介が美味しい!

なんじゃこれ。

もう説明いいから食べてみてください。

とにかくメナムビーチ沿いでレストランに迷ったら、DA BAR DOに行けば間違いないです。

 

 

シェフが楽しそうにピザを作ったり、お客さんと話していて、素敵でした!

 

以上、少しでもサムイ島旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、サムイ島にTime to go!

 

【サムイ島】空港‐ホテル間の移動方法

 

先日、タイのサムイ島、別名「ココナッツアイランド」に行ってきました!

空港行きのGrabの予約がキャンセルされるというハプニングを乗り越え、サムイ島に無事到着。

空港-ホテル間の移動手段をご紹介します。

 

サムイ空港-ホテル間の移動手段

 

調べてみると、移動手段が結構あるんです。

7つあったので、私が泊まったホテル(agoda)を例に、それぞれ説明していきます

私が泊まったホテルはメナムビーチ沿いです。

 

自分たちの予約したホテルの場所にもよりますが、それぞれの料金とデメリットを比較して最適な方法を!

 

☟サムイ島 サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビューはこちら

 

①ホテル送迎

 

 

料金:高め

楽さ:◎

 

料金は、agodaのホテルページの下の方にお役立ち情報という欄があり、そこから確認できます。

私が泊まったホテル(agoda)は、800baht。

事前予約なので安心ですね。

 

②空港タクシー

 

②空港タクシーと③空港シャトルバスについては、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

 

料金:高め

楽さ:〇

 

料金は、メナムビーチ沿いだと700baht。

 

③空港シャトルバス(ミニバス)

 

 

料金:安い

楽さ:△

 

料金は、メナムビーチ沿いだと1人150baht~。私達は2人だったので2人で300baht~。

デメリットは人数が集まるまで出発しないので、すぐに行動したい人やツアーに申し込んでる人は向いてないかと思います。

 

④日系の旅行代理店の送迎サービス

 

料金:普通~高い

楽さ:◎

 

2社見つけました。

 

ほうぼう屋

メナムビーチ沿いだと、650baht。

ホテル送迎や空港タクシーより安い!

 

サムイ王国

メナムビーチ沿いだと、600baht。

 

日本語での事前予約はとっても楽ちんですね!

 

私達はツアーに申し込んでおり、時間に限りがあったので、サムイ王国さんに送迎をお願いしました!

LINEで手軽に依頼出来るし、すぐに返信してくれたのでとっても助かりました~っ。

 

☞サムイ島内観光ツアーについて:準備中

 

⑤現地の旅行代理店(?)の送迎サービス

 

料金:普通

楽さ:〇

 

行きは見つけられませんでしたが、私が泊まったホテル(agoda)の近くにこんな表示がでてました。

空港まで400baht。

安い!

お店の人とコミュニケーションとれるかが心配ですが、、。

 

他のビーチはどうか分からないですが、行きだけ事前予約して、帰りは現地の旅行代理店にお願いしてみても良かったかもしれません。

でも、行ってみないと分からないですもんね!

 

 

⑥Grab

 

料金:高い

楽さ:〇

 

事前に空港からメナムビーチ沿いまでいくらかかるのか確認してみたところ、700baht~でした。

 

⑦NaviGO

 

サムイ島の移動手段について調べるまで知らなかったのですが、NaviGOというアプリも流行ってるみたいです。

こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

事前予約は電話×英語でのみというのがネック。

 

料金:普通

楽さ:〇

 

事前に空港からメナムビーチ沿いまでいくらかかるのか確認してみたところ、420baht~でした。

安いので使いたかったのですが、WiFi生活で電話が出来ず事前予約が出来ないことと、朝7時頃の空港近くに車がいるのか心配だったので、断念しました。

 

まとめ

 

個人的なまとめですが、こんな感じ。

 

〇時間に余裕がない方・日本語で話したい方・事前に予約しておきたい方

サムイ王国さんに依頼

 

〇時間に余裕がある方・英語やタイ語で話してみたい方・行き当たりばったりを楽しみたい方

→空港シャトルバス(ミニバス)or  NaviGOアプリ

 

以上、少しでもサムイ島旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、サムイ島にTime to go!

 

【サムイ島】サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビュー

 

タイのサムイ島 メナムビーチ沿いにある4つ星ホテルに泊まってきました!

サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾートの設備や食事についてご紹介します。

 

サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾートの基本情報

 

住所:135 Moo 4 Baan Tornsai, Tumbol Mae Nam, Amphur Koh Samui, Surathani

 

評判:各サイトの口コミ点数も4以上で評判◎

agoda
Expedia
Trip.com

 

料金:2人2泊 ¥16,803 (1人2泊 ¥8,402)

5.6社旅行サイトを比較しましたが、私が確認したところ、agodaTrip.comの2つが安かったです。

一番安かったTrip.comから予約し、上記の金額で泊まってきました。

2019年12月31日までの紹介キャンペーンで、下記URLからTrip.comの新規会員登録をすると、初回のホテル予約が8%オフになるクーポンがもらえるみたいなので、まだ会員登録されてない方は是非ご活用ください。

初回のホテル予約が8%オフになるクーポンをもらう

 

 

良かったところ:

・こじんまりとした規模感でのんびり過ごせる

・プライベートビーチがあるので、人混みを避けられる

・部屋の内装が趣があり、お洒落で可愛い

 

チェックイン

 

朝7時頃 サムイ空港着。

朝8時半頃にホテル到着。

 

☟バンコクエアウェイズ バンコク-コ・サムイ 搭乗レビューはこちら

☟サムイ空港-ホテル間の移動手段はこちら

 

 

ホテル名に”naiture”と入ってるだけあって、たくさんの植物に囲まれてます。

入口が仰々しくなく、隠れ家感ありますね~。

 

 

ちなみに夜はこんな感じ。

ランプの木の枠が可愛い。

 

 

が両側に並んだ小道を進むとロビー。

 

 

ロビーは半屋外で、開放感あり。

 

 

チェックインは12時からだったので、荷物だけでも預かってもらおうと思っていましたが、お部屋に案内してもらえました!

ありがたい~!

☞サムイ島内観光ツアー:準備中

チェックインの手続きは、本人確認の書類記載・パスポートとクレジットカードの提示、で終了です。

パスポート提示の際、タイ出国カードも出すように言われました。

出国カードは失くすと面倒なようなので、失くさないように注意しましょう!

 

 

ウェルカムドリンクはなんだったか分からなかったですが、酸っぱい系の飲み物。

小さくてマシュマロみたいに白いのは、おしぼりです。

ものすっごい良い香りがしました~。

 

 

部屋(ヴィラ)

 

早速お部屋に向かいます~!

 

 

緑が多くて幸せですね。

バンコクとは空気が大違い。

東京と沖縄みたいな感じですかね。

 

 

少し歩くと一軒家のようなヴィラに到着~!

 

 

入ってすぐの感じ。

 

 

上の写真の右側にソファー。

ひとつだけクッションの向きが違くて気になる、、、(笑)

 

 

飲み物類。

瓶に入ったお水は毎日交換されました。

 

 

ここまでは半屋外です。

 

 

ではさっそく仕切りドアの中へ!

じゃ~ん!

こんな感じです。

 

 

部屋は何のアップグレードもせず、92 m²でダブルベッド。

 

 

ベッドのレースが可愛い~。

 

 

引きだとこんな感じ。

 

 

テレビの上には有料のお菓子やらお酒やら。

 

 

グラスも置いてありました。

 

 

トイレに行くには、半屋外に出ます。

半屋外といっても、屋根あるし、ガラス窓がないくらいです。

むしろ私は外の空気が吸えて気持ちいいので、半屋外好きです。

 

 

ペーパーは流さないでくださいね。

半屋外なので、蚊取り線香や虫除け器が用意されてます!

反対側がシャワー。

 

 

ちゃんと温かいお湯出ますよ。

 

 

シャンプー、リンス、ボディーソープあり。

クレンジングは無いので必要ですね!

 

 

ホテルビーチ/プール

 

プール、海、青い空、白いパラソル!

欲しいもの全部詰め放題してしまった気分です。

幸せやぁ、、。

 

 

プールサイドにはパラソル付きのチェア。

 

 

プールの向こう側はメナムビーチ。

プールとビーチ、同時に両方見えるのがいい!

 

 

欧米人が多いように感じました。

みなさん本を読んだり、携帯いじったり。

ひたすらに泳いだり。

ゆ~ったりとした時間を過ごしてました。

 

 

プール横の階段を降りたらすぐこの景色です。

奥に見えるのはボートの発着場所。

ナンユアン島に行く際に利用しました。

☞ナンユアン島ダイビングツアー:準備中

 

 

ビーチでごはんも食べれます。

これはもう映え確定です、、、

 

 

プールサイドでくつろいでいると、チュンチュンやってきました。

1m近くまで来たので警戒心無さそうです。

 

 

タイに来てからこの色の鳥をよく見るので、気になって調べてみました。

インドハッカ(Acridotheres tristis)/ スズメ目ムクドリ科

雑食で都市の環境に良く適応しているんだとか。

 

 

夜はこんな感じ。

 

 

レストラン

 

レストランはホテルにひとつ。

プール横にあります。

 

1日目の夜ご飯

街に繰り出してごはんを食べる人がほとんどのようで、レストランはほぼ貸し切りでした。

☞メナムビーチ周辺のおすすめレストラン:準備中

 

 

メニュー

 

 

グラスワイン

目安:190baht~

 

 

炒め物

目安:200baht~

ホテルのレストランなので、全体的に割高です。

 

 

麺/ごはん

目安:200baht~

 

 

飲み物

目安:90baht~

 

 

スペシャルカクテル

260baht~

 

 

コーヒー

目安:240baht~

 

 

お水

60baht

さすがにお水に60は出したくないので、私は久しぶりにブルーハワイを注文しました!

 

 

普段あまりお酒飲まないので、久しぶりのお酒美味しい~(笑)

 

 

レストランも半屋外です。

 

 

浜辺でもごはん頂けます。

 

 

浜辺から見たレストラン。

お洒落や、、。

 

 

ナシゴレン280baht。

タイに来てインドネシア料理か~い、というコメントはスルーさせて頂きます(笑)

バンコクでのごはんは唐辛子が多くて辛すぎたり、砂糖大好きなお店にあたると甘すぎたりしましたが、ここのは甘すぎず辛すぎず美味しい!!!

高いけど、ホテルから動きたくない方は是非。

 

 

3日目の昼ご飯

チェックアウト後にも利用させてもらいました!

 

 

レストランからの眺め。

 

 

レストランの中庭。

 

 

本日はパッタイ240baht。

溶き卵のようなものでまわりが包まれてる!

こちらも美味しかったです。

 

 

レストランの脇に咲いてた紫色のお花が可愛かったです。

 

 

チェックアウト

 

チェックアウトは12時。

レイトチェックアウトも出来るそうですが、追加料金とのこと。

 

私帰りのフライトは19時で、送迎に来てくれる車が17時だったので、それまでプールサイドでひたすらぐだぐだしてました!

 

以上、少しでもサムイ島旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、サムイ島にTime to go!

 

バンコクエアウェイズ PG103/PG172 バンコク-コ・サムイ|搭乗レビュー

 

バンコクのスワンナプーム空港から、バンコクエアウェイズ PG103便に乗って、サムイ島のコ・サムイ空港に行き、帰りはコ・サムイ空港からバンコクエアウェイズ PG172便に乗ってスワンナプーム空港に戻ってきました。

 

☟サムイ島 サリー サムイ ネイチャーズ ファイネスト リゾート 宿泊レビューはこちら

 

 

PG103便/PG172便のサービスや機内の様子についてご紹介します。

 

バンコクエアウェイズ PG103/PG172 バンコク-コ・サムイ フライト情報

 

航空会社 バンコクエアウェイズ
便 行き:PG103

帰り:PG172

機材 PG103:Airbus A319

PG172:Alenia ATR 42/72

スケジュール PG103:

バンコク スワンナプーム(BKK)06:00

ーコ・サムイ(USM)07:05

PG172:

コ・サムイ(USM)19:05

ーバンコク スワンナプーム(BKK)20:40

飛行時間 PG103:1時間5分

PG172:1時間35分

日程 9月下旬
航空券代金(税・サービス料込み) ¥23,450 (往復)
購入時期 2日前

 

航空券は3.4社旅行サイトを比較しましたが、私が確認したところ、Trip.comが一番安かったので、Trip.comのアプリから予約しました。

Trip.comは航空券を予約すると、ホテルを安く泊まれる仕組みになっているようです。

航空券の割引コードはどのサイトを探しても見つからなかったですが、2019年12月31日までの紹介キャンペーンで、下記URLからTrip.comの新規会員登録をすると、初回のホテル予約が8%オフになるクーポンがもらえるみたいなので、まだ会員登録されてない方は是非ご活用ください。

初回のホテル予約が8%オフになるクーポンをもらう

 

私はものすごい直前に航空券を購入してしまいましたが、数か月前に予約すればもう少し安くなるかと思います。

時期にもよると思いますが!

 

行き:PG103 バンコク スワンナプーム(BKK)06:00ーコ・サムイ(USM)07:05

 

バンコクエアウェイズの国内線は、出発時刻の40分前までにチェックインしないといけないので、5:20までにチェックインがを完了させる必要があります。

 

 

まさかのGrab予約失敗

 

余裕を持って4:30に空港に着くよう、前日の夜にGrabを予約したはずが、、、

朝出てみると、まさかの車が来てない!

前日の夜に確認の電話が入っていたようなんですが、寝てしまい出れていなかったので、それでキャンセルされてしまったのかもしれません。

 

改めてGrabでBookingしようとすると、「あなたは予約中なので、Booking出来ません。」のエラーが。

いろいろと操作してみましたが、一生エラーが出てBooking出来なさそうだったので、相方の携帯で改めてBookingしました。

 

20分弱アタフタしてしまい時間ロス。

結局空港に着いたのは5:00。

無事にチェックイン出来てホントに良かったです。

 

保安検査・手荷物検査

 

手荷物検査。

ペットボトルは捨てましたが、朝ごはん用のバナナとおにぎりは問題なく持ち込めました。

 

 

搭乗

 

搭乗ゲートまでそれなりに歩きます。

動く歩道で移動。

 

 

ちょいちょい飾られているお花が癒し~。

 

 

今回はA7ゲートだったので、ここで右折。

 

 

まだ外は暗いんです。

 

 

搭乗時間から10分弱遅れて搭乗。

 

 

搭乗というかバス移動ですね。

 

 

離陸

 

無事時間通り離陸!(?)

飛行機に乗ってすぐに寝てしまったので、何時に離陸したか分かりませんが、時間通り到着したので、時間通り離陸したはずです(笑)

離陸後約30分程で軽食が出ます。

 

 

サムイ島に近づきました~!

朝になって島が見えてきてテンション上がってきました。

 

 

到着

 

時間通りに到着。

晴れてて良かった~!

 

 

またまたバスで移動。

 

 

Gate4に到着っ!

 

 

こじんまりしていて可愛い。

 

 

Domestic Arrivals

 

 

みんな荷物待ちです。

私達は手荷物だけなので、お先~っ!

 

 

中庭のようなところを通って、

 

 

屋根のついた道を進むと、

 

 

Meeting Areaです!

送迎のドライバーさん達がお客さんの名前を書いた紙を持って、待っています。

私達もドライバーさんと合流!

 

☟サムイ空港-ホテル間の移動手段はこちら

 

 

帰り:PG172 コ・サムイ(USM)19:05ーバンコク スワンナプーム(BKK)20:40

 

行きと同じようにバンコクエアウェイズの国内線は、出発時刻の40分前までにチェックインしないといけないので、18:25までにチェックインが完了している必要があります。

18:00までには空港に着くように送迎してもらいました。

☞サムイ空港-ホテル間の送迎について:準備中

 

 

17:30には空港に到着。

 

 

チェックイン

 

セルフチェックインの機械があったので、使ってみましょうっ。

 

 

日本語の設定に出来ました。

Boarding Passを印刷し、完了。

 

 

搭乗

 

ALL DEPARTURES GATESへ

 

 

GATEまで歩きます。

 

 

途中にお土産屋さんが並んでます。

 

 

POOPOOPAPERというお土産屋さんが可愛い。

 

 

搭乗口。

 

 

空港WiFi

 

空港にはAirport Free WiFiというのがあり、パスポート番号とメールアドレスを入力すれば誰でも使えます。

 

 

2時間までのよう。

 

 

搭乗時間約20分後に搭乗開始しました。

行きと同じようにバスに乗ってから搭乗。

 

離陸

 

特に大きな遅延なく離陸。

機体は行きの飛行機より小さいかな?

 

 

膝から前のシートまでげんこつひとつ分くらいあいてます。

体の大きい人は窮屈かもしれませんね、、。

 

 

座席は2×2。

 

 

今回は離陸してすぐ軽食が出ました。

 

 

バンコクが近づいてきました!

街の光がすごいですね~。

 

 

到着

 

スワンナプーム空港に到着。

 

 

こんな飛行機でした。

 

 

タクシー乗り場

 

距離や大きさによって並ぶ列が違うみたいです。

 

 

ここで発券し、

出てきた番号のタクシーに乗ります。

 

 

タクシーがずら~っと並んでました!

タクシーの金額交渉は面倒なので、個人的にはタクシーよりGrabの方がおすすめです。

 

 

以上、少しでもバンコク/サムイ島に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、バンコク/サムイ島にTime to go!

 

【バンコク】プロンポン周辺 ノマド向けWiFiカフェ情報

 

バンコク プロンポン駅周辺でノマドワークができるWiFiカフェをご紹介。

①駅近、②WiFi速度(測ってないので体感ですが)、③安さ、④居心地の良さ、に注目してレビューしていきます。

 

バンコク プロンポン駅周辺 WiFiカフェ

 

プロンポン駅から徒歩20分圏内のカフェをご紹介。

 

①zeno cafe

 

②1989 CAFE

 

③CASA LAPIN

 

④Weeping willow(閉店)

 

⑤Hello Strangers cafe

 

⑥brainwake cafe

⑦39 espresso

 

⑧Au Bon Pain at RSU Tower

 

以上、少しでもバンコク プロンポン駅周辺に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、バンコク プロンポン駅周辺にTime to go!

 

【バンコク】プロンポン周辺 WiFiカフェ⑧ Au Bon Pain at RSU Tower

 

バンコク プロンポン駅周辺 WiFiカフェ

 

 

Au Bon Pain at RSU Tower

 

 

営業時間:6:30-21:00

HP  :http://www.aubonpainthailand.com/home.php

場所  :

 

 

①駅近    :◎

―プロンポン駅から徒歩約5分

②WiFi速度  :〇

―WiFi速度に関しては特に何も感じなかったです。

③安さ    :〇

―コーヒー70bahtから、フード65bahtから。

④居心地の良さ:〇

―冷房がきつい。

 

 

8:30、3.4人お客さんいましたが、広いので全く気になりません。

 

 

ソファ席もあります。

 

 

コーヒー70bahtからですが、11:00まで、ベーグルと一緒に注文するとコーヒー59bahtになるみたい!

 

 

しっかりその話にのっかることに(笑)

 

 

クリームチーズベーグルにしました。

 

 

飲み物は、さっき39 espressoでcapptino飲んだので、今回はEarl Gray teaに。

クリームチーズベーグル+アールグレイ 139baht。

 

 

久しぶりのアールグレイ身に沁みるう。

 

WiFiはFacebookへのログインか、パスポート番号の入力が必要です。

1時間に1回ほどWiFi接続を求められるのがちょっと面倒。

 

途中、片手が肘までしかないホームレスがカフェに入ってきて、前に座ってた夫婦のところにいき、お金ちょうだいちょうだいと無言で手を振りはじめました。

夫婦はお金をあげて、次はこっちに、、!

びっくりしたのと怖いので、咄嗟に首を横に振ったらすぐに去ってくれました。

怖かった、、。

 

チョコレートクロワッサン 75baht。

 

 

お店の中が寒い、、。

カーディガン着てるのに寒いよおおおお!

寒すぎて凍えそうだったので夕方前に退散しました(笑)

 

以上、少しでもバンコク プロンポン駅周辺に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、バンコク プロンポン駅周辺にTime to go!

 

【バンコク】プロンポン周辺 WiFiカフェ⑦ 39 espresso

バンコク プロンポン駅周辺 WiFiカフェ

 

39 espresso

 

 

営業時間:7:00-17:00

HP  :https://www.facebook.com/39espresso/

場所  :

①駅近    :◎

―プロンポン駅から徒歩1分

②WiFi速度  :△

―レシートにWiFiパスワードのっていたんですが、繋がらず、、。

③安さ    :◎

―コーヒー60bahtから、フード40bahtから。

④居心地の良さ:〇

―正味滞在時間30分なのでよく分かりません、、。

 

 

8:00、通勤前のOL達がひっきりなしにやってきます。

店内で待つ人も。

 

 

お洒落風、ではある。

 

 

ドリンクメニュー

 

 

capptino 65baht。

 

 

カフェの奥はホステルになっています。

 

 

水筒とかも売ってるみたい。

 

 

ケーキも。

 

 

WiFi繋がらないのが残念!

 

以上、少しでもバンコク プロンポン駅周辺に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、バンコク プロンポン駅周辺にTime to go!

 

【バンコク】プロンポン周辺 WiFiカフェ⑥ brainwake cafe

バンコク プロンポン駅周辺 WiFiカフェ

brainwake cafe

 

 

営業時間:7:00-21:00

HP  :https://www.facebook.com/BrainwakeCafe/

場所  :

 

①駅近    :〇

―プロンポン駅から徒歩約10分

②WiFi速度  :〇

―WiFi速度に関しては特に何も感じなかったです。

③安さ    :△

―コーヒー65bahtから、フード100baht前後から。

④居心地の良さ:△

―土日だったからか分かりませんが、とにかく混む!

 

 

店内はほんとにお洒落~!

日本語の雑誌や本がたくさん置いてありました。

 

 

10:00、土日だからかな、既に駐車場も満杯。

警備員のような人?もいました。

日本人駐在員夫婦や欧米人などが6.7ペア。

 

日本人シェフが作ったパンケーキも販売してるみたいです。

 

 

テラス席もありましたよっ。

 

 

窓側のカウンター席を確保。

 

 

ドリンクメニュー

 

 

以前、1989 cafeで飲んだThai teaが甘くてとっても美味しかったので、今回もThai teaにしてみました。

Hotだと75baht、Iceだと85bahtになるみたいなんだけど、この差はグラスの大きさの違いかしら。

ラテアート可愛い~♡

甘くて美味しい~、幸せ~。

 

 

11:00、メニューが豊富なこともあり、家族連れやいろんな国の方が来て混んでます。

満席でお客さん多いのでうるさいですね。

ノマドワークには適してなさそうですが、平日はどうなんでしょう。

 

 

メニューが日本語ですよ!

カオマンガイ 145baht。

 

 

上の茶色いソースめちゃからいんで要注意!(笑)

ごはんはにんにくがきいてておいしいいい。

 

 

土日のお昼時、メニュー豊富なお店に子供連れがたくさん押しかけてきて、パソコン開くの申し訳なくなったので、お昼過ぎに退散しました!

 

以上、少しでもバンコク プロンポン駅周辺に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

では、バンコク プロンポン駅周辺にTime to go!